風俗について

「風俗店ってどういうところ?」

男性なら一度は行ってみたいと思うであろう風俗。

特に吉原なんかは昔から風俗のメッカで、吉原風俗求人【いちごナビ】などの求人サイトを見て風俗嬢になる子も多く大変お奨めのスポットです。

そうは思いつつも勝手が分からないから…という不安や心配が多く踏み切れない。

そんな方は数多くいると思います。

そんな方のために、風俗とはどういうものなのかという事をご紹介したいと思います。

男性が行ってみたいと思う、俗に言う風俗というのは”性風俗店”の事。

性とついていますので、そのままですが性的サービスをしてくれる、つまりはデリバリーヘルスやピンクサロンなどの事です。

そのサービスを存分に味わえるようにするには吉祥寺の風俗情報/Fスタなどの優良風俗情報サイトをチェックする必要があります。

風俗店とひとまとめにしても実は様々なジャンルがあり、風俗店を営業するには公安委員会の許可が必要でキャバクラなども大きく囲えば風俗店ですし、クラブやゲームセンター、パチンコ店なども法律上は風俗店です。

しかし近年の認識ではキャバクラなどは風俗と別物として考えられているのもあるので、風俗といって一般的に想像するのは性風俗店というわけです。

そういう現状があるからこそ風俗嬢という言葉も広く使われています。

性風俗店の中には、高齢者や障害者を専門とする店舗もあり、専門の店舗でなくても、交渉等が成立すればサービスを受けることも可能です。

また、性風俗店と言えば、女性が男性にサービスする店舗がほとんどではありますが男性が女性にサービスする店舗も存在します。

「風俗の歴史」

風俗の始まりって何なのだろう?が、気になって調べてみました。

調べるには、横浜風俗【風俗スタイル】などの優良風俗情報サイトでは調べきれないので他の方法をとる事にします。

日本で初めての性風俗は、巫女であったとされています。

巫女は神と医師の疎通をするために舞を舞ったり歌を歌ったりしていましたが、男性への接待の一環として性交を行う事もあったそうです。

当時の男性は巫女との性交に神との交流の意味を見出していたため金銭が払われることはありませんでした。

時代が進むにつれ、巫女が神社を離れ色々な国を旅しながら舞を舞ったり歌を歌ったりしていましたが、その過程で役人や旅人相手に性も売るようになっていき巫女から遊女へと変化していって、それ専用の集団が登場していくわけです。

遊女は現在の様な単なる売春をしていたわけではなく性行為をう舞を舞ったり歌を歌ったりという遊芸の域に高め遊芸の付属物おして性交を行っていたわけです。

奈良時代の万葉集にも遊女の姿が読まれています。

鎌倉時代から室町時代になると、海陸の交通の発達にともなって宿場や港町の遊女が増えていったそうです。

このように、巫女から遊女へ変化し、その後花魁となり現在の風俗へと進化していくのです。

風俗の歴史は、そこまで長いとは言えませんが深く様々に変化しています。

変化した中には、池袋 ヘルスのように独自の発展をしていった優良な風俗店が数多く存在します。

おそらく今後も様々に進化していくことでしょう。